2008年11月10日 (月)

桃ちゃんの姿

心拍の確認が出来なくなった11月4日、9週5日目の桃ちゃんの姿です。
親バカだけどかわいいです(o^∀^o)
ちゃんと右側が頭で手と足がわかっていますもんね。
とてもとても心拍がないなんて思えない姿…。
この2日後の姿は溶けはじめていたのかもう少しかたちもいびつで小さくなっていました。
今年のクリスマスはこの写真の横に桃ちゃんへのクリスマスプレゼントを飾ろうと思います。
木曜日か金曜日に天気がよければ母と桃ちゃんの供養に行く予定です。
桃ちゃんのエコーもカメラにおさめていたのでたくさん現像してきたので供養してこようと思います。
★昨日のコメントのお返事と今日の診察内容は旦那くんが夜勤に行ったらさせていただきます。

|

2008年11月 9日 (日)

感謝

今日、3日ぶりにシャワーを浴びることが出来ました。

まだしばらくはシャワーのみです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

この寒い時期に・・・。

「身体が洗いたい、髪の毛が洗いたい」と毎日のように旦那くんに言っては「まだ、ダメ」と言われるばかり。

ようやく少し体調がよさそうなあたしを見てしぶしぶOKもらえたのでした。

danger旦那くんは医療従事者でもな~んでもございません。ただ10分も立っていられないのに体力を使うお風呂が危険だという考えだそうです。

シャワーだけだと寒いので旦那くんが『ぬくぬくシャワー作戦』と称して、お風呂の窓を閉め換気扇を止め、浴槽のふたをあけて湯気で浴室をあったかくしてくれてあたしがシャワーをあびれるように準備してくれていたのですshine

シャワー後も「早く服を着ろ!!布団をかぶれ!!」とうるさいくらいの口出しが(^-^;

でもね、あたしすごくうれしくて。

前まではあたしがインフルエンザで苦しんでいても飲みにいくような人でしたから。

もう、何ざましょ。

変わったというか9年前のつきあいはじめた時の旦那くんみたいです。

旦那くんのうるさいくらいの世話焼きに感謝です。

こう思うと旦那くんの前で、桃ちゃんとのお別れのことで泣いてばっかりいるのはいかがなものなのかとも思ったりもします。

もともとあたしが泣くことが嫌いな上に、常に前向きで後ろを振り返らないで過ぎたことをうじうじいうことが嫌いな人ですからね。

旦那くんのことも感謝ですが、お風呂に入れることの幸せを感じました。

以前、母が脳の腫瘍で入院した時に「病気になったことは悲しいけども、朝に目が覚めて体が動くことに感謝することが出来る。おいしくごはんを食べれることに感謝することが出来る」と言っていました。

桃ちゃんとお別れしてその言葉をすごく実感しました。

お別れはスゴク悲しいし悲しみをまだ消化できる自信はないけれど、日々の生活に感謝できる自分がいます。

当たり前すぎて気がつかなかったあたしに桃ちゃんが気がつかせてくれた大事なことです。

桃ちゃんにも、旦那くんにも今日も感謝☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日は術後の経過観察です。

一人で車を運転していく予定だったんですが「あほかannoy」と言われたので旦那くんが夜勤帰りについてきてくれるそうです。

経過、順調だといいな。

出血も全然ないし数時間に1回生理痛みたいなのがくる程度です。

出血はたくさんしたほうがいいのかな・・・・。どうなんだろうなぁ・・・・。

|

寂しいよぅ。

内容、暗~いです(゚ー゚;

あたしの独り言ですが・・・・。

桃ちゃんとお別れしてまだ2日しかたっていませんが、寂しくて寂しくて仕方ありません。

お腹をじーっと見てはホントにもういないの??って言ってしまうくらい。

3ヶ月なのに立派なお腹でしたから( ̄Д ̄;;

エコー写真を見ては「もうクリニックでエコーしても、桃ちゃんがうつる事はないんだ・・・」って思ってはエコーを撮るのがこれからこわくなったり。

食欲も出てきて普通に食べれて「桃ちゃんがお腹にいたときはろくに食べれなかったなぁー。桃ちゃんにもちゃんとしたもの食べさせてあげれなくて悪いことしたなぁー」って思ったり自分のすることできることすべてに桃ちゃんとの日々を重ねてしまいます。

一人でいるのが寂しくてたまりません。

桃ちゃんの心臓が止まっているってわかった11月4日(火曜日)の夜から桃ちゃんとお別れした後までずっと旦那くんと一緒でした。

旦那くんと桃ちゃんとあたしの3人でいることが心地よかった。

旦那くんが一緒にいると感情の浮き沈みは抑えられるんですが一人だとどうも無理みたいです。

身体も心もまだまだやっぱり時間はかかりそうです。

今は座っているか横になっているかばっかりで10分と立っていることも出来ません。

食器すら洗えません。

家事はすべて旦那くんまかせです。

旦那くんの会社ですね・・・・今、ニュースにも出るくらい業績が厳しいんですw(゚o゚)w

よって仕事でもかなりしんどいと思うんですよ。

家に帰っても嫁は家事が出来ずほぼ寝たきり。

申し訳ないですが何十年と一緒にいるうちの今くらいは感謝の気持ちを持って甘えさせてもらっていいのかな??

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今後の治療についてやあたしの不育症検査などどうするかまた考えていこうと思っています。

今回、桃ちゃんの『染色体検査』はしませんでした。

自費で55,000円かかる検査でした。

この検査には人それぞれの考え方がでるものかと思いますがあたしたち夫婦は受けないことに決めました。

もし、この検査が保険負担で1万円で出来る検査だと言われても受けなかったと思います。

桃ちゃんにもし染色体異常があったとわかったところで気持ちを消化できる自信がないからです。

不育症の検査もかなりたくさんの種類があるみたいなんですが、先生と相談して受けたほうがいいのか、もし受けたとしてもどの検査をしたらいいのかなど今度はしっかり聞かなくては!!と思っています。

先生の秒殺にはもう負けない!!

| | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

キャンセルの電話

分娩をする予定だった産院へキャンセルの電話をしました。

受け付けの方がでて「流産してしまいまして・・・・分娩のキャンセルをしたいんですが・・・・」と言った時点で涙が(;ω;)

やたら保留音が長く「やっぱりキャンセルもう少し気持ちが落ち着いてからにすればよかったかな。でもキャンセル待ちの人とかいるのかもしれないから早めのがいいのかな~」なんて思っていたら、電話口に出たのは先生でしたw(゚o゚)w

「受付から聞きました。今回のことは残念でしたね・・・・。予約のときにみた時に数週のわりにちょっとちいさいかな?と思ってはいたんですがここから急成長する場合もあるし不安になると思って言わなかったんですが・・・・。でも今回のことは赤ちゃんの生命力がちょっと弱かったのかな?だから気を落とさずにまた妊娠されたらお越しくださいね。」と優しいお言葉をかけていただき号泣してしまいました。

ホントにここの先生は優しいです。

土曜日で患者さん多い中で電話で直接対応してくれてうれしかったです。

やっぱり、桃ちゃんは成長がちょっと遅かったのか・・・・。

そう思うと2センチくらいの大きさで心臓を動かしてくれてがんばっていたんだなぁ。

かわいいなぁ・・・・桃ちゃん。

健気だなぁ。

手術から1日たって出血は落ち着いてきています。

お腹に力が入らないのでおトイレが苦手です(/□≦、)

胸は日に日にしょぼしょぼとしぼんでいっています。

妊娠前よりちいさくなっているような。

でももう胸なんてどうでもいいです~。

|

2008年11月 7日 (金)

桃ちゃんとのお別れ(流産手術)

今日の内容は、流産と手術について自分自身が忘れない為に書きます。

この手の話が苦手な方はスルーされたほうがいいかと思います。

・8時20分 旦那くんと一緒にクリニックに到着し、前処置が痛い場合もあるため座薬を入れてもらう。

・8時30分 内診台にて前処置開始→海藻でできたラミナリアというものを3本挿入。これが半端ない痛みで大声で叫んでしまった。(待合室で採卵待ちの方すみません!と後から思ったくらい叫んでしまった・・・・)
すぐに処置はおわるが痛みと気持ち悪さで動けない。

・8時45分 2時間の安静のため安静室で旦那くんと待機。
痛くて悶えていたけれど痛みと悲しみを忘れるために寝る→痛みで起きる→寝るを何回か繰り返す。

・11時すぎ いつもの内診台にて手術開始。
足にカバーをかけられ点滴、麻酔がスタート。
口の中がカーっと熱くなってきてあっという間に寝ていた。

その後の記憶はまったくなく気が付いたら13時すぎ。

・13時すぎ 内診にて子宮のチェック。子宮の中は見事に何もなくなっていた。麻酔でフラフラな中で「あぁ、桃ちゃんとホントにお別れしたんだ…」と涙する。

その後、何とか着替えて旦那くんと合流。

帰りの車の中で生理2日目ほどの出血。
クリニックではかせてもらったショーツ型ナプキンが大活躍。

一人では歩けないほどフラフラで支えてもらいながらでも2、3歩ほど歩いてはガクっと足がなるほどフラフラだった。

採卵のときの静脈麻酔は麻酔がきれるの早かったのに・・・・。

家に帰ってからも出血あり。

動くたびにドバドバでてくる感じ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

今回の流産は、やっぱりあたしの人生の中で一番つらいことです。

桃ちゃんはあたしに「妊娠出来るんだよ」と教えてくれた心やさしい子です。

途中、桃ちゃんの成長がちょっと遅いかも??などという不安はありましたが、9週まで来て心拍も問題なしと言われていてまさかまさか、桃ちゃんとお別れになるとは思ってもいませんでした。

このまま無事に6月を迎えられるもんだと思っていました。

分娩の予約をした産院にもキャンセルしなくてはいけません。

ここでも「流産したので・・・・」と言わなくてはいけません。

つらいな。

不思議なことに、今回こんな結果になりましたが「何であたしだけがつらい思いをしないといけないんだ・・・」みたいな気持ちはまったくおきません。

今までべビ待ちをしていたとき回りはどんどん妊娠していくことに「病院に行ったりして頑張っているのになんであたしのはできないの?ずるいな・・・」などと妬む気持ちをもったことも多々ありました。

桃ちゃんを妊娠することができたことにスゴクスゴク感謝の気持ちでいっぱいです。

先日、流産されたかたのブログめぐりをしていたときに水子休養で有名なお寺のサイトがありそのサイトを読んで気持ちがすうっと軽くなったのです。

赤ちゃんは自分が産まれることはないって分かっていながらもあなたのお腹に宿ることを決めたんだよみたいなことが書いてあり、その言葉ですうっと軽くなりました。

そして今はつらくても、赤ちゃんとお別れしたことを忘れるのではなくこの悲しみを忘れることが大事です・・・・みたいなことも書いてありました。

しばらくは泣き暮らす日々が続くかとは思いますが、桃ちゃんのことは決して忘れずに悲しみではなく感謝の気持ちで日々の生活を送っていこうと思います。

水子供養は実家の裏のお寺でしようと思います。

実家から歩いてすぐだし、妹のなくなってしまった赤ちゃんもそこで供養されています。

実家の先祖代々のお墓もそのお寺にあるし、桃ちゃんもさみしくないかと思います。

体調がよくなりしだい早めに供養してあげたいな。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

先日、皮肉にも幻で終わってしまった『母子手帳』を申請するのに必要な血液検査であたしは風疹の抗体がないということがわかりました。

てっきりその手のものは子供のときに経験済みだと思っていました。

妊娠中に風疹にかかってしまったら大変なんですよね??

(桃ちゃんはそういうことを教えてくれる意味もこめてやってきてくれたのかな〜なんて思ったりもします)。

なので早めに注射してもらうことにしました。

この注射をうつと2ヶ月は妊娠禁止だそうです。

どっちみち先生からは「1月以降じゃないと次の移植はできない」と言われているのでちょうどいいのかもしれません。

あたしとしてはGO!サインがでたら次も考えていきたいんですが、旦那くんは春まで待て!!と言っています。

旦那くん、今日は夜勤なのにほとんで寝ずにお仕事に行きました。

家に帰ってからのあたしが動くたびにお布団をかけてくれたりとっても優しいです。

旦那くんの優しさも桃ちゃんを通してわかることができたことにも感謝ですね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

<<今まで応援してくれていた皆様へ。>>

今回はこういう悲しい結果になってしまいましたが、今まで応援してくださりありがとうございました。

言葉では言いつくせないほどの感謝です。

あたしが凹んだ時は励ましてくださり、あたしがうれしいとき同じように喜んでくださりお会いしたこともないかたばかりなのに、あたしがここまでこれたことは本当に皆様のお力添えがあったからだと思っています。

べビ待ち中の皆様に1日でも早くべビちゃんが授かりますようにshine

妊娠中の皆様にこのまま順調にべビちゃんが育ってくれますようにshine

もうすぐ出産の皆様に無事に安産でかわいいべビちゃんに出会えますようにshine

心よりお祈り申し上げます(o^-^o)

☆にっつ☆

長々とすみません(^-^;

・・・・・・・手術にかかった費用・・・・・・・

保健負担分→6990円

自費分→15500円

合計→22490円

|